連帯をめぐって

  • 2011.09.07 Wednesday
  • 23:54
 先日の合評会(重田園江『連帯の哲学 1 フランス社会連帯主義』勁草書房、2010年)など、連帯をめぐる議論には、以前からそれなりの関心はあった。ただ連帯の理念や思想だけでは、どうも旧態依然たるものを感じていたのも事実だった(件の本では、連帯主義、社会連帯主義、社会主義の外延と内包が気になったが)。

なぜ連帯しなければならないのかをめぐっての哲学的議論や理念のほかに、連帯を具体化するための制度構想、例えば保険制度の提唱など、興味深い提言はもろもろある。

旧来は、連帯の理念や運動について語っていればよかった。制度は道具的なものであり、二の次であるという認識が蔓延していた。「シソウ」を語り、現状批判をしていればよかった。

現在はさらに踏み込んで、制度について語るようになった。しかし、連帯を制度的に保障する根底には、人間とは誤り得る存在であるという当然のことが等閑視されていると思われる(これは3月11日に生じた未曾有の原発事故に如実に現れた事態でもある)。

制度を動かすのは人間なのであり、どれほど優れた仕組みでもそこのところへの透徹した洞察がなければ、制度はしょせん制度で、悪用も善用もされる。制度の運営に関わる「統治」という視点がすみやかに導入され、連帯の哲学とともに構想される必要がある(その意味で、失敗に終わったとは言え、オーウェンはいまだ魅力的な思想家だ。もちろんその前提にはベンサムがいるが)。

そもそも連帯とは何だろうか。人と人とがつながっていることは常識ともされている。仏教的な世界観までにはいかなくとも、人と人とがお互いに関係し合っているのは事実だ。

問題は、その関係し合っているという関係が、すべてを包含しているわけではないことだ。

『ビジネス倫理の論じ方』(ありがたいことに、今月で3刷りとなった)で吉野源三郎『君たちはどう生きるか』から次のような文章を引用したことがある。

「僕は、寝床の中で、オーストラリアの牛から、僕の口に粉ミルクがはいるまでのことを、順々に思って見ました。そうしたら、まるできりがないんで、あきれてしまいました。とてもたくさんの人間が出て来るんです。(中略)工場や汽車や汽船を作った人までいれると、何千人だか、何万人だか知れない、たくさんの人が、僕につながっているんだなと思いました。でも、そのうち僕の知ってるのは、前のうちのそばにあった薬屋の主人だけで、あとはみんな僕の知らない人です。(中略)だから僕の考えでは、人間分子は、みんな、見たことも会ったこともない大勢の人と、知らないうちに、網のようにつながっているのだと思います。」
この論法では、確かに、多くの人間とある個人とは繋がっている。しかも、つながりは同時代的なものだけではなく、時間幅を含み、歴史内存在として人間は在るのだということは事実認識でもある。

しかし、現在生きている人々すべてと或る個人が結びついているわけではない。むろんそうした限定性を越え出て、結びつこうとする運動は有意義だ。しかし、そこでは、恣意的な線引きがなされている。われわれと彼らという、よく見る線引きだ。

その線引きがどこまでも恣意的なものなのか、それとも、合理的なものになり得るかは分からない。ただ連帯の幅をどこまで広げるにせよ、狭めるにせよ。連帯を実効的なものにすべき理念をもたなければ、お題目に過ぎてしまうのではないかという危惧が残るだけである。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

search this site.

selected entries

recommend

recommend

recommend

ガンディーの経済学――倫理の復権を目指して
ガンディーの経済学――倫理の復権を目指して (JUGEMレビュー »)
アジット・K・ダースグプタ
知られざるガンディーの経済思想に光を当て、現代の政治哲学や法哲学、経済哲学との比較からガンディーの経済思想の特質を浮かび上がらせた好著。

recommend

福祉の経済思想家たち
福祉の経済思想家たち (JUGEMレビュー »)

増補改訂版。新たに加わった章やコラム、年表など、福祉の経済思想についての分厚い入門書。

recommend

ビジネス倫理の論じ方
ビジネス倫理の論じ方 (JUGEMレビュー »)

企業、競争、仕事、消費、食、グローバル化をめぐるビジネス倫理を歴史的かつ現代的に考察するという野心的な書物。

recommend

歴史における「理論」と「現実」 (叢書・アレテイア 10)
歴史における「理論」と「現実」 (叢書・アレテイア 10) (JUGEMレビュー »)
大賀 哲
過去の思想家が展開した思想と現実との軋轢・矛盾・妥協などを、さまざまな観点から検討した書。

recommend

功利主義と社会改革の諸思想 (中央大学経済研究所研究叢書 43)
功利主義と社会改革の諸思想 (中央大学経済研究所研究叢書 43) (JUGEMレビュー »)

功利主義と呼ばれる思想の特徴とヴァリエーションについてまとめられた論集。

recommend

健康格差と正義―公衆衛生に挑むロールズ哲学
健康格差と正義―公衆衛生に挑むロールズ哲学 (JUGEMレビュー »)
ノーマン・ダニエルズ,ブルース・ケネディ,イチロー・カワチ
社会経済的な要因が与える健康への影響を、正義という観点から検討しようとする社会疫学の著作。さまざまな論者からの批判と応答との収録し、また丁寧に書かれた監訳者の解説は必読。

recommend

福祉の経済思想家たち
福祉の経済思想家たち (JUGEMレビュー »)

重商主義からロールズ、センまで「福祉」をテーマにして纏められた好著(既に4刷となりました)。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

ステュアート、スミス、ベンサム、リカードウ、マルサス、セー、J.S.ミルについての研究史、伝記、著作について一覧できる格好の書

recommend

ファッションと身体
ファッションと身体 (JUGEMレビュー »)
ジョアン・エントウィスル, 鈴木 信雄
従来のファッション論と身体論とが交錯しなかった所以を解き明かし、新たなファッション研究の地平を開く! ブルデューのハビトゥス概念などを援用して、ヴェブレンやフーコーなど既存の社会理論を批判し、ファッションと、アイデンティティー、ジェンダー、セクシュアリティーなどとの関連を考察する。これからのファッション研究が須らく前提すべき基礎文献。中世から現代に至るファッションの変遷をコンパクトに纏めている点もよい。

archives

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM