偏屈の蕎麦考

  • 2014.10.26 Sunday
  • 01:24
学会の合間、お茶の水に来ていたので、神田まつやに足をのばして蕎麦を食す。

盛りそば650円。東京の蕎麦の価格としてはとても良心的で内容的にも満足がいくお値段(今日はゆであげた蕎麦のぬめりがやや残っていたが)。

個人的な好みとしては十割なのだが、蕎麦好きの人に教えてもらったところでも東京で十割を出すお店で満足のいくところはないので、二八でよしとする。

さて、タイトルに偏屈と書いたのは、蕎麦の食し方、楽しみ方である。

今日もまわりでそば好きな人々がそばを食していたが、一様に、つゆにしっかりつけて食べている。

蕎麦の繊細な香りや味わいを楽しむのには「そばつゆ」はかえって邪魔だ。そばつゆ味の蕎麦でいいのだということであるならば、言うべきことはないが、それだったら、麺の原料が蕎麦である必要はない(もちろん蕎麦でないとあの独特な風味なり食感は出ないであろうが)。

蕎麦通は食べ始める際に1本だけ何もつけずに食べるともいうが、1本だけしか蕎麦の繊細な風味を味わわないというのでは蕎麦好きではなく、そばつゆ好きでしかないだろう。

風味もないため、そばつゆにつけないと食べられない江戸期の蕎麦ならばいざ知らず、現代の保存状態のよい蕎麦を楽しむならば、惰性的にそばつゆにつけて食べるあり方は見直されていいはずだ。

確かに、なにもつけずに、また塩だけで食べるのは、どこか物足りなく感じてしまう。そのあたりはやりようがありそうだ。

ただこだわりの蕎麦屋はそれなりにあるが、肝心の蕎麦を楽しむということについては、どうも本質をはずしたところが多いように思う。

しっかりとした蕎麦打ちの技術が前提ながら、妙なつゆを開発したり、マヨネーズをかけたりするのではなく、蕎麦のよさを引き立たせる食し方をこそ目指すべきだろう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

search this site.

selected entries

recommend

recommend

recommend

ガンディーの経済学――倫理の復権を目指して
ガンディーの経済学――倫理の復権を目指して (JUGEMレビュー »)
アジット・K・ダースグプタ
知られざるガンディーの経済思想に光を当て、現代の政治哲学や法哲学、経済哲学との比較からガンディーの経済思想の特質を浮かび上がらせた好著。

recommend

福祉の経済思想家たち
福祉の経済思想家たち (JUGEMレビュー »)

増補改訂版。新たに加わった章やコラム、年表など、福祉の経済思想についての分厚い入門書。

recommend

ビジネス倫理の論じ方
ビジネス倫理の論じ方 (JUGEMレビュー »)

企業、競争、仕事、消費、食、グローバル化をめぐるビジネス倫理を歴史的かつ現代的に考察するという野心的な書物。

recommend

歴史における「理論」と「現実」 (叢書・アレテイア 10)
歴史における「理論」と「現実」 (叢書・アレテイア 10) (JUGEMレビュー »)
大賀 哲
過去の思想家が展開した思想と現実との軋轢・矛盾・妥協などを、さまざまな観点から検討した書。

recommend

功利主義と社会改革の諸思想 (中央大学経済研究所研究叢書 43)
功利主義と社会改革の諸思想 (中央大学経済研究所研究叢書 43) (JUGEMレビュー »)

功利主義と呼ばれる思想の特徴とヴァリエーションについてまとめられた論集。

recommend

健康格差と正義―公衆衛生に挑むロールズ哲学
健康格差と正義―公衆衛生に挑むロールズ哲学 (JUGEMレビュー »)
ノーマン・ダニエルズ,ブルース・ケネディ,イチロー・カワチ
社会経済的な要因が与える健康への影響を、正義という観点から検討しようとする社会疫学の著作。さまざまな論者からの批判と応答との収録し、また丁寧に書かれた監訳者の解説は必読。

recommend

福祉の経済思想家たち
福祉の経済思想家たち (JUGEMレビュー »)

重商主義からロールズ、センまで「福祉」をテーマにして纏められた好著(既に4刷となりました)。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

ステュアート、スミス、ベンサム、リカードウ、マルサス、セー、J.S.ミルについての研究史、伝記、著作について一覧できる格好の書

recommend

ファッションと身体
ファッションと身体 (JUGEMレビュー »)
ジョアン・エントウィスル, 鈴木 信雄
従来のファッション論と身体論とが交錯しなかった所以を解き明かし、新たなファッション研究の地平を開く! ブルデューのハビトゥス概念などを援用して、ヴェブレンやフーコーなど既存の社会理論を批判し、ファッションと、アイデンティティー、ジェンダー、セクシュアリティーなどとの関連を考察する。これからのファッション研究が須らく前提すべき基礎文献。中世から現代に至るファッションの変遷をコンパクトに纏めている点もよい。

archives

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM